ラジオ・テレビCM

ラジオCMとは

テレビCMより安価な費用でご利用いただけます。
パーソナリティーからの紹介により親しみを得やすく効果が高い
時間帯指定・番組内容によるターゲットのセグメントがしやすい
しかし、ラジオは最近聴かれているのか?
ラジオに接触していない人から見れば疑問に思うかもしれません。
毎日車で通勤している人。オフィスや工場・店舗などで常にラジオを流している所。
営業や移動などで車を運転しながらラジオを聴いている人。自宅で深夜ラジオを楽しんでいる人。
休みの日に車で出かけるときには、必ずラジオを付けている人など、ラジオを聴いている人は結構多いのです。。
そして、テレビのようにCMに入ったところでチャネルを変えられることがあまりありません。
※最近では、PCでラジオを聴くことができる「radiko.jp」により、聴取の機会が増えていると言われております。

ラジオCMの特徴
■双方向性のメディアのため、リスナーとパーソナリティーの距離が近く広告に親近感を持ちやすい。
■習慣メディアの特性をいかして、リスナーに対しCMを刷り込むことができる。
■それぞれのラジオ局の特性をいかし、エリアやターゲットをセグメントした展開が可能。

弊社では上記の事を踏まえ、心地良いサウンドロゴなど入れたCMを作成し、リスナーの耳に残るようなCMづくりを目指しております。

テレビCMとは

テレビの最大の特徴とは、映像と音声によってより具体的なイメージを訴えられる点にあります。
それにより商品の特性やサービスがより正確に伝えられます。テレビCMの注目度は高く他媒体に比べ圧倒的です。

信頼性
映像による表現の正確さに加え媒体の持つ公共性や放送基準によるCM表現のチェックシステムなどが、
視聴者サイドにも浸透しつつあり、信頼性がアップしています。
親近性
視聴者のCMに対する親近感は商品や企業への親近感に転化するという効果を生んでいます。
こうした効果も若い層ほど高くなっています。また、転化すると答えた人の割合が年々増えているのも注目されます。
強制性
番組を視聴しているとCMが自然に目や耳にとびこんできます。テレビは否応なくある種強制的に目に触れて来るのです。特にCMの有名タレントの起用であったり工夫された表現力によっていつの間にか覚えさせてしまいます。

映像の制作は撮影技術の向上、機材の低価格化など昔ほど時間と金額がかからなくなってきています。それでも作り方によっては莫大な金額になることもございます。まずはお気軽にお問い合わせください。